ホーム写経体験>般若心経解説

般若心経解説

般若心経というお経は、その昔、観自在菩薩(かんのんさま)が般若波羅蜜という修行をされて、すべてが「空」だと悟られ、人としての苦しみ、災厄を克服されました。

その境地をできるだけ多くの人に体験してもらいたい。どんな境地であるのかを解説しましょう。そして、でその境地に行きましょう。 というのです。

観音さまが苦しく、厳しい修行によってい知恵を得えた時、物質や精神には実体がなくすべては空であると悟られました。その結果、人間が生きていく上でどうしても逃れられないはずのすべての悩み・苦しみやいろいろな災厄から解放されたのです。

お釈迦様は、ある日の法話でこうお話になった。

舎利子(舎利子はお釈迦さまのお弟子さんの名前です。)よ、物質とは実体のないものであり、実体がないのが物質なのだよ。
つまり、私たちが物質だと思っている物の本当の姿は、実は何もないということになるのだよ。
つまり、実体のないものこそが物質だということになるのだよ。

悲しい・嬉しい・楽しい・悔しいといった気持ちや、痛い・かゆい・冷たい・熱いといった感覚などといった心の持ち方や体に感じることについても同じなのだよ。


舎利子よ、このように実現の世界で起きるすべてのことは実体がないのだから、何かが生まれるということも何かが消えてしまうということもない。汚れているということもない。だからこれがそうだ!と言えるような確かな物質もなく、心に感じている意識や感覚すらも実はないのだ。つまり、今、あなたの目に見えているこの世界もなければ、あなたの心に映っている世界も実は何もないのだよ。

あなたが今、どんな環境にいようと、あなたがどんな生き方をしていようと、あなたがこの悟りを得ることを妨害するものもいないし、あなたに対して、さあ、早く悟りなさいなどと強制するものもいない。年をとるいることもないのだよ。今、あなたが苦しんでいるのだとしても、その苦しみの原因もなければ、その苦しみを解決する方法もない。悟ることができないし、悟らないでいるということもできないし、悟るということ自体もない。なぜなら、ここには何もないのだから。何も無い所には、苦しみも、悲しみも、悟りもないのだよ。


とお話になられた。



このお話を聞いた菩薩は、お釈迦様が話されたことの内容を大変よく理解し、すべてにこだわりがない。こだわりがないから恐怖も苦しみもない。ということを理解され、今の世の中の苦しみ、悩みというものから解放されました。現実世界というものにとらわれることによって生まれるすべての誤った妄想から解き放たれて、究極の静寂の境地とも言うべき境地を御自分のものとなさったのです。現在・過去・未来の仏さまも、このことを理解し、同じ境地を得ることによってこにうえない存在となられた。この深い知恵こそが、他とは比べようもないほどすべてを明らかにする理なのです。ここのその真髄を表す言葉があります。

この言葉は、今、ここに生きているあなたを苦しめているすべての苦を除いてくれます。ここに、その深い智慧の
言葉を示しましょう。

生ける者よ。生ける者よ。彼岸に行ける者たちよ。
彼岸にわれらとともに行くことのできるものたちよ。悟りは瞬間で成しとげられるのだ。
これは彼岸へと渡る知恵の教えである。



 
ぎゃてい ぎゃてい はら ぎゃてい
      はらそう ぎゃてい ぼじそわか
              はんにゃしんぎょう



できれば写経の前に手を洗い、口をすすぎ、机の前で少し黙想(目を閉じて心を静かにする)してからゆっくりと間違えないように書いて下さい。


写経されました般若心経につきましては、当院にご送付もしくはご持参いただければ
毎月二十二日の深夜祈願におきまして、当院の僧侶によってこころを込めて丹念な読み上げ祈願をさせていただきます。

総本山 円満院門跡
〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町33
TEL 077(522)3690  FAX 077(522)3150